ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

路面電車[市電・都電]

路面電車[市電・都電]用語集

路面電車[市電・都電]用語集 路面電車[市電・都電]用語集

文字サイズ

  • 保線作業
    ほせんさぎょう

    保線作業とは、路面電車など鉄道車両が通る軌道を正常な状態に保つための作業を意味する。軌道とはレールとそれを支える枕木や道床(どうしょう)などを指す。保線作業にはレールの交換や砂利の締め固め、枕木を締結する装置の締め直しなど様々な物がある。専用の機器などが用いられることも多く、例えば、見通しの悪い場所などの保線作業中に車両が向かってくる万一の事故を防ぐため、見張り員を補う物としてレールに「レールスイッチ」を装着し、電車が上を通過すると警報が始動する。空中に架けられた電線「架線」の保守には、軌道と道路のどちらも走行することができる「軌陸車(きりくしゃ)」を動かして作業にあたる。「マルチプル・タイタンパー」と言う大型機械を投入すると、この機械が線路の高さの調整や曲がりの修正、砂利を突いて固める作業などを一度に行なってくれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の路面電車[市電・都電]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る