ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

路面電車[市電・都電]

路面電車[市電・都電]用語集

路面電車[市電・都電]用語集 路面電車[市電・都電]用語集

文字サイズ

  • 弱め界磁
    よわめかいじ

    弱め界磁とは、磁石を用いたモータにおいて、回転数が上がっても逆起電力を低く抑える働きを持つ界磁のことを指す。界磁とは、電気エネルギーによって機械的な動力を生み出す機械モータの構成要素のなかでも、固定されている電気子(でんきし)のこと。逆起電力とは、モータが回転して電流を必要な向きに生み出すとき、周りにある界磁でその回転とは逆の向きに発生する別の電流のことを意味する。モータの回転数がある程度まで速くなると逆起電力も同等に強くなり、回転数が上がらなくなる、と言う現象が起こる。そのため、この解消策として考案されたのが、モータ内を流れる電気のうち、界磁に入る電流を弱め、逆起電流を低減させる「弱め界磁」である。電車車両がモータの回転数をどんどん上げられるので、高速走行が可能になる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の路面電車[市電・都電]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る