ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

路面電車[市電・都電]

路面電車[市電・都電]用語集

路面電車[市電・都電]用語集 路面電車[市電・都電]用語集

文字サイズ

  • 連接車
    れんせつしゃ

    連接車とは、複数の車両で編成する電車のうち、連結器ではなく台車を介してつながれた電車のこと。車両と車両の間は蛇腹(じゃばら)状のカバーをかけた通路「貫通幌」(かんつうほろ)でつながれる。20世紀半ば、運行経費を削減するために考案された。それ以前には1車両ごとに車掌を置く連結車が標準だったが、幌を使って連接車にすることでひとつの大きな車両のように扱うことができるようになった。「信用乗車方式」と言う運賃収受方式と組み合わせて実用化することで大量輸送が可能になり、ヨーロッパで普及していった。当初、連接車の開発はドイツの車両メーカー、デュヴァグ社が実力を発揮し、2車体3台車、3車体4台車と言った連接車が多く生産される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の路面電車[市電・都電]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る